リストラ後の中高年転職は?

中高年転職TOP >> 中高年転職のFAQ >> リストラ後の中高年転職は?

リストラ後の中高年転職は?

リストラされて転職せざるを得ない状況に追い込まれたことがある方は決して少ないと思います。リストラされると収入源もなくなるため、焦りばかりが先に出がちですが、落ちついて転職活動に精を出した方がかえっていい結果が出るものです。

さて、リストラからの再出発にあたって注意することがいくつかあります。まず認識しておいてほしいこととして、リストラが原因で退職することは、転職活動にはマイナスにはならないということが挙げられます。 会社都合の退職だからと言って、それだけで転職が不利になることはありません。むしろ会社都合の退職であることに引け目を感じてしまい、自己アピールが消極的なものになってしまうことの方が問題であるといえます。リストラされたからと言って、それは決してあなたが無能だということにはなりません。胸を張って堂々と自己アピールをしてください。

また、志望動機を書く際には「リストラがあったので仕方なく応募した」というニュアンスにならないように注意してください。あくまでも新しい人生の扉を開くため、自身の可能性を広げるために転職するのだということを伝えましょう。

また、中高年の中途採用の場合はどちらかというと退職理由よりも転職理由が重視されます。なぜ退職したのかの説明に終始してしまっては、企業側もあなたがなぜ応募してきたのか把握することが出来ません。数ある企業の中からその企業を選んだ理由を、積極的にアピールしてください。

ここでちょっと話題を変えます。自身はリストラされていなくても、会社の業績が傾き始めたり、あるいは人員整理で同僚がいなくなった場合、貴方はどうしますか。会社になんとかしがみつきますか?それともさっさと見切りをつけて退職しますか?あるいは、会社に所属しながら転職活動を行いますか?

どれが正解かは一概には言えませんが、日本ではおおむね会社にしがみつく人が多いと思います。それが間違いだとは言いません。しかし、いつまでも沈む船に乗っている義務はありません。会社が社員のためにあるモノであり、社員が会社のためにあるわけではありません。会社がもう使い物にならない、別に愛社精神もあるわけではないという場合には、早目に見切りをつけたほうがいいかもしれません。

ただし、退職する際には十分な勝算が見込めてから辞めるようにしましょう。何の考えもなくただ辞めると、いざ再就職というときに困ってしまいますよ。

中高年でも「満足度100%」を目指す転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
中高年への適性 ★★★★★
求人エリア 全国ok
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 中高年向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.