技術者の中高年求人

中高年転職TOP >> 条件別の中高年の求人 >> 技術者の中高年求人

技術者の中高年求人

営業職などと比べて手に職が付いているイメージがある技術職ですが、だからと言って必ず転職が成功するわけではありません。転職の前にはしっかりと戦略を練り、自分が有利になるような作戦を描いてください。

さて、技術者の転職の注意点についてです。まずは過去の実績のアピール方法について。技術者は目に見える形で過去の実績が残ることも多いため、営業職などに比べると実績はアピールしやすいと思います。アピールの際には「開発範囲」「開発規模」などを、できるだけ具体的に説明するようにしましょう。ただし、もったいないからと言って実績を何でもかんでも詰め込むと、面接官も辟易してしまいます。 大事なのは今までやってきたことをすべてアピールするのではなく、採用に必要とされていることを効果的にアピールすることです。

続いて転職エージェントの利用方法についてです。技術者の場合は3社程度の転職サービスに登録することが一般的といわれています。もちろん、もっと多く登録したほうがいいと思うのならば、5社、10社と増やしていってもかまいませんが、あまり多く情報を得すぎると人間はかえって判断が出来なくなってしまいます。 また、転職エージェントを利用したくないという場合は、企業のリクルートページを確認するという方法もあります。手間はかかりますが、直接応募は熱意を伝えるのに意外と有効です。

ただし、直接応募となると面接の時間の交渉なども自分でやらなければならないため、時間と手間がかかります。すでに退職済みでたくさん時間が取れるという方は直接応募でも構いませんが、そうでない限りはやはり転職サービスを利用するのが一番だと思います。 さて、技術者の転職に当たって必要な知識は以上になります。最後に現在の技術者の転職市場を見ていきましょう。

まずは建築や土木についてですが、東日本大震災の復興や東京オリンピックの開催による特需のおかげで、ここしばらくは転職に有利な状態が続きます。この特需はしばらく続きますが、今のうちから転職の準備を始めておいた方がいいでしょう。

続いてITや通信ですが、こちらも業績好調な企業が多く、エンジニアのニーズは増大しています。電気や機械、化学などの分野においても円安により輸出が好調で、転職には絶好の時期です。この状態がいつまで続くかはわからないので、今のうちから早めの準備を心がけましょう。

中高年でも「満足度100%」を目指す転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
中高年への適性 ★★★★★
求人エリア 全国ok
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 中高年向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.